ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

MacBookProのHDDを交換するときにBOOTCAMP領域に手こずった

以前デュアルドライブ(SSD+HDD)に換装したMacBookProのHDDを、もっと大容量のものに換装する続きです。

作業手順

  1. 元のHDDのバックアップ
  2. HDDの物理的入れ替え
  3. データのレストア

何はともあれ、データのバックアップですね。

Mac OSフォーマット領域を移行

定番ともいえる

http://www.bombich.com/

Carbon Copy Cloner(通称:CCC)

を使って旧HDD → 新HDDにコピーしました。

Mac OSフォーマット領域はこれで簡単に終わると思います。

BOOTCAMP領域に手こずる

HDDには容量の大きいもの、使用頻度のあまり高くないものを置いていました。

Dropboxの保存先であったりとか、VMwareのwindowsイメージであったりとか、BOOTCAMP領域とかです。

Mac OSフォーマット領域(Dropbox、VMware)はHDDを換装してしまった後にディスクユーティリティから復元すればいいので、あまり考える必要はないんですが・・・

問題はBOOTCAMP領域。

NTFSフォーマットされているため、ディスクユーティリティが使えません。

そこで別の手段を講じる必要があります。

BOOTCAMP領域のバックアップ方法

BOOTCAMP領域のバックアップにはCCCを使っても無理でした。

そこで

http://bubba.org/winclone/

http://bubba.org/winclone/

ここからwincloneの2.3.3をダウンロード。

Winclone

コピーするものは二つあるので注意。

wincloneのインストール、使用に関しては下記サイトを参照させていただきました。

http://6w6a.com/2011/12/winclone-lion-bootcamp-backup.html

OS X Lion対応のBoot Campバックアップ Winclone

  1. BOOTCAMP領域のイメージバックアップ
  2. 新HDDにBOOTCAMP領域作成
  3. イメージレストア

バックアップ用のHDDをつないで、さっそくBOOTCAMP領域のイメージを作成します。

Winclone 1

イメージ作成が終わったら次にいきましょう。

新HDDにBOOTCAMP領域作成

BOOTCAMP領域作成には参照サイト通りに進めました。

自動再起動したときにキャンセルしないと普通にWindows7のインストールが始まってしまうので注意です。

バックアップイメージは作ってあるので、あくまで「領域の作成」だけが目的です。

イメージレストア

Winclone

領域の作成が終わったら、先ほどバックアップしておいたイメージからBOOTCAMP領域へレストアしましょう。

こちらもソフト上でボタンひとつ押すだけです。

レストアはちょっと時間がかかるので、コーヒーでも飲んで待っていましょう。

BOOTCAMP領域はこれにて終了です。

Mac領域のバックアップ

Mac領域は先述のCCCを使えば一発ですね。

簡単なので、また今度の機会にでも書くことにします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Windows用のおすすめソフト