ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

Mac Book Pro(Mid 2010)のメモリを増設して16GBにしようとしたら失敗した話

パソコンパーツというのは面白いもので、為替の動きにかなり忠実に影響を受けます。

それも週単位で。

円高に振れればあっという間に値段も下がりますし、円安に振れれば値段が上がります。

最近ずいぶんと早急に円安方向に動いているもんですから、1ドル=80円 → 1ドル=90円なんて急変化があると価格変化は免れえません。

メモリ価格も随分寝上がっちゃいまして、ね~。

シリコンパワー メモリモジュール 204Pin SO-DIMM DDR3-1333(PC3-10600) 8GB×2枚組 SP016GBSTU133N22が安かったのでついカッとなって買ってみました。

今はもう売り切れてしまって、更に値上がっちゃってますけれども、買ったときは5280円ほどでした。

おそらくラストチャンスだったんでしょうねぇ・・・。

届いたメモリを開封するのも惜しんで

IMG_6995

本体裏をこじ開け

IMG_6996

メモリを交換しました。

IMG_6997

これ、取り外した4GB/枚のメモリね。

同じくシリコンパワーを使ってたんですね。

さて、ウキウキしながら電源を入れてみたものの、リンゴマークから先に進みません。

結論

電源は入るものの、リンゴマークから一向に進もうとしませんでした。

きちんと調べなおしてみたところ、どうやらMacBook Pro(Mid 2010)は8GB 以上のメモリ搭載には対応してません!

・・・残念だにゃー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Windows用のおすすめソフト