ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

XrecodeⅡを使ったFLACファイルのmp3変換手順の手引

使用ソフト

mp3変換には下記のソフトを使っています。
http://xrecode.com/

エンコーダーには定番のlameを使えます。
http://lame.sourceforge.net/

ひとまず上記のソフトをダウンロードして、適当なフォルダで展開してください。

XrecodeⅡを起動

登録していないと起動時に確認ウィンドウが出てきます。

スクリーンショット_081913_112756_PM

数秒待っていると1~4まで選ばされますが、それで回避できますので、気にせず使っています。

スクリーンショット_081913_113148_PM

これがソフトの画面です。

スクリーンショット_081913_113215_PM

今回の目当てはmp3なので、mp3にチェックを入れましょう。

続いてmp3項目の設定を開きます。

スクリーンショット_081913_114514_PM

外部ツールの場所にはlameのインストールフォルダを指定します。
僕の場合は、xrecodeのフォルダ下にlameを置きました。

そして重要なビットレート指定です。
ビットレートは固定CBRではなく可変VBRの方を使いたいところです。
これは個人的なコダワリです。

ですが、手動で設定してしまいます。
画面のとおりに入力してもらえばいいのですが、面倒なので下のをコピペしてください。

-b 64 -m j -h –abr 300 -B 320

チェックボックスは上記のとおりにどうぞ。

ひとまずエンコードの設定は以上です。
あとはドラッグ&ドロップでFLACファイルを放り込み、エンコードボタンを押すだけでmp3を作ってくれます。

lameを使っている割にエンコードスピードが速いのでオススメです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Windows用のおすすめソフト