ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

コスパ抜群のオーディオ・テクニカ iPhone対応ヘッドフォン

iPhone純正のヘッドフォンをなくしてしまってからというもの、何が一番困るって車内で通話するときにヘッドフォンがないとハンズフリーでいられないわけですよ。

そこで代替のヘッドフォンがないものかと物色してみるのですが、最近の主流ってカナル型イヤフォンでオープンタイプって少ないんですね。

意気消沈して探していたら、見つけましたよ。

audio-technicaよりATH-C505i

  • 大口径15mmドライバー搭載
  • コード巻き取りホルダー付属
  • コード長 1.2m

購入した色は赤。

白だと純正ヘッドフォンみたいで面白くないというのと、コードが赤色なのは赤だけだったんですね。

アクセントにいいなと思って選択しました。

20130414-225538.jpg

 

低音域を増強してくれるBass Dimension Exciter搭載により低音域に厚みを加えてくれます。

20130414-225548.jpg

 

今時珍し(くなってしまいましたね・・)いオープンタイプのハウジング。

周囲の音も聞いていたいので、カナル型だと困るんです。

20130414-225556.jpg

 

ヘッドフォンジャック部。

L型なのは吉と出るか凶と出るか。

個人的にはL型よりもストレートのほうが好きなんですが。

20130414-225604.jpg

 

リモートコントローラー部分。

もちろん裏側にはマイクが内蔵されていて、ボリュームコントロールの他にもハンズフリーとしても使えます。

20130414-225610.jpg

 

ヘッドフォンジャックが狭めのiPhone5用ケースでもちゃんと使えました。

ジャック周りが細いのは本当に助かります。

20130414-225616.jpg

 

適合にはiPhone5は入っていませんでしたが、きちんとSiriも反応しました。

20130414-225623.jpg

 

付属のコード巻き取りホルダーは、普段使う長さの調整に使える他、クリップタイプになっているので胸ポッケにクリップを挿しておくことも可能です。

地味に使い勝手が上がるポイントですね。

みっくはこう思った

オープンタイプのヘッドフォンを選ぶと選択肢がほとんどない上に、正直そこまでコストを掛けるつもりもなくてですね。

もちろんデザインを考えるとiPhoneにはやっぱり純正ヘッドフォンなわけですが、3,000円近い価格はちょっと・・・。

さらにせっかく買い換えるのであれば社外のヘッドフォンも試してみたいのが本音。

2,000円以下で純正ヘッドフォンに遜色ない、またはそれ以上の商品が手に入ったので充分満足できました。

目的は車内でハンズフリーヘッドセットの代わりになることだったので、襟元にマイクもあるし、操作も手元でできるし、オープンタイプだし、必要を満たして余りある選択でしたね。

色も4色あるので、iPhone用のヘッドセットで買い増しを予定している人にはオススメですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Windows用のおすすめソフト