ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

AppleWatchの充電スタンド決定版!Spigen® 充電クレードルドック Spigen S350がお手頃で使いやすい

充電スタンドが欲しい。

いつもベッドサイドにケーブルを繋げて放り出してある状態なので、、少しは収まり良く置いてみたいじゃないですか。

というか本音を言えば、見た目もそうなんですが、クレードルがないと寝返りをうってケーブルを引っ掛けて、充電を止めちゃいそうで怖いんですよ。クレードルに乗っていたら、きちんと充電されているわけじゃないですか。

ということで、クレードルが欲しかったんです。そこで選んだのがこちら。

IMG_8918

Spigen® 充電クレードルドック S350

開封

IMG_8919

箱の中身はこのセット。

あと写真には写ってないけど、取説がありました。

IMG_8920

このシートは、高さ調整に使うようです。

IMG_8921

裏は粘着性のシリコンシートになっていて、倒れないように固定できます。

クレードルを固定したくない人にとっては嬉しくない装備。

粘着力が落ちてきたら、洗ったら復活するそうです。

IMG_8922

こんな感じにセットします。

なかなか収まりがいいではないですか。

IMG_8923

ただ、裏を見てみると・・・

あれ?高さがずれてる?

IMG_8924

僕はTPUケースを付けているため、高さが微妙に合わなさそう。先ほどの高さ調整のシートは必要なさそうですね。

IMG_8925

裏から充電ケーブルをセットします。

左右のどちらからでも接続できるように溝が切られているのもGOODです。

IMG_8926

お!ちゃんと充電が開始されました。

Watch本体にケースを付けている場合は、高さ調整シートが要らなくなるそうです。

また42mmの本体で、さらにケースを付けている場合はこのクレードルは合わなくなるそうです。42mmを使っている人は要注意ね。

雑感

よく目にするのはアルミ製のスタンドですね〜。

watchOS2になってから、ナイトスタンドモードという横置きにしておくと時計だけが表示されるモードが追加されました。

こんな感じに。詳しい説明はこちらなどを参照してください。

http://www.ipodwave.com/applewatch/howto/nightstand_mode.html
Apple Watchでの「ナイトスタンドモード」の使い方と設定方法 | Apple Watch Wave

そしてこのSpigenのクレードルは横置きに設置するので、ちょうど充電している時にナイトスタンドモードに入ってくれるというわけです。

ナイス

このクレードルの勧めポイントは下記の点。

価格が安い

1,500円台の安さ。

アルミ製のものだと3,000円前後する中でこの安さですよ。手軽さは大事な要素だと思います。

しかも安っぽくはない。

シリコン製でしっかりしている

質感はアルミ製のほうが高いですが、アルミ製はぶつかった時に本体を傷つけそうで怖いじゃないですか。

その点、シリコン製なら寝ぼけ眼で手荒に扱っても大丈夫。

クレードルの裏は粘着シートになっているので、しっかりと固定されます。

この点はメリットにもデメリットにもなりそうかな?

まとめ

何にしても1,600円を切る価格も魅力的!

充電ケーブルをもう一つ買っても合わせて5000円位。

もうね

寝室と持ち運び用とにケーブルとセットで2セット用意したいくらい。

いろんなアクセサリーが各社から出ていますけれど、いずれも一長一短。

選択肢が豊富であることがApple Watchの最大のメリットだと思いますので、いろいろと楽しみながら試していけばいいのではないでしょうか。

その他

iPhoneも一緒における竹製のクレードル。

ペン立てまでついてる、先ほどのデラックスバージョン。

Watchだけ。

ちょっとこれだと倒れそうかな。

個人的には、このシリコン製のコースターのKostaが気になってます。色もダークグレー、ライトグレー、ライトグリーンと3色展開です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Windows用のおすすめソフト