ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

WirexのカードがMasterブランドからVISAブランドに切り替わるようなので、注文してみた

ビットコインをチャージしておいて、海外で使うようにと重宝していたWirexのカードですが、これまではMasterブランドだったんです。このカードはチャージ式のデビットカードだったんですが、そういえば最近、Masterのデビットカードは利用制限がかかるところが多いそうですね。経緯的には、Masterのデビットカードで悪さしたところがありまして、その影響で世界的にMasterブランドに制限がかかっているそうです。

今回はそんなWirexからメールが来てて、MasterブランドからVISAブランドに移るよという話。

Wirexから来たメール

平素は当社サービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

これまで当社ではVisaとMasterCardを発行していましたが、このたびVisaへ統一します。これに伴い、MasterCardブランドのプラスチックカードをお持ちのお客さまに、Visaブランドでプラスチックカードを再発行することになりました。

Visaへの統一によって近日中にサポート予定の「カード間の残高移動」が実現します。またVisaカードをお持ちの複数のWirexユーザーの間で資金を送受信できるようになります。

お客さまはMasterCardブランドのWirexカードをお持ちのため、今後は新しいVisaカードがいまお持ちのMasterCardの代わりとなります。新しいVisaカードはモバイルアプリやWirexウェブサイトから簡単にご注文いただけます。

重要なお知らせ:

MasterCardブランドのカードへ残高を追加することは一切できません

現在お持ちのMasterCardブランドのWirexカードは、現在の残高の範囲内で、本日から60日間お買い物等にご利用いただけます。60日を過ぎた時点でMasterCardに残高が残っていた場合は、自動的にVisaカードへ移行されます

既にUSD/EUR/GBPの3通貨すべてにおいてプラスチックカードをお持ちの場合は次の方法で新しいVisaカードを発行することができます。①お持ちのMasterCardの残高を使い切る(ビットコインへ両替することも可能です)、②お持ちのMasterCardをブロックする、③新しくVisaカードを発行する。

Visaプラスチックカードへ移行をご希望ではない場合は、いまお持ちのMasterCardブランドのカードの残高を2017年7月15日までに使い切る必要があります。またビットコインへ両替し、Wirexウォレットへ移動させることも可能です。使い切らなかった場合はサポートチームにて個別に返金を行いますが、この返金には最大60日かかります。なるべくお客さまご自身で2017年7月15日までに使い切る、もしくはBTCへ両替していただき、カード残高を0にしていただきますようお願いいたします。

Visaカードの利用規約は以下からご覧いただけます。https://wirexapp.com/cardholder-agreement-visa.html

よくお読みいただき、同意いただける場合にのみ、新しいVisaカードをお使いください。

複数の通貨でそれぞれMasterCardブランドのプラスチックカードをお持ちの場合は、この無料再発行キャンペーンは通貨ごとに適用されます。例えばMasterCardブランドのUSDプラスチックカードとMasterCardブランドのEURプラスチックカードをお持ちの場合は、USDプラスチック・USDバーチャル・EURプラスチック・EURバーチャル、計4つのVisaカードを無料で再発行できます。

移行に関するQ&Aにつきましては、以下のリンクに掲載し、随時更新していまいります。

日本語版:

https://help.wirexapp.com/hc/ja/articles/115003269525 (準備中)

英語版:

https://help.wirexapp.com/hc/en-us/articles/115003269525

また今回の移行に伴ってサポートへの問い合わせが増えることが予想されます。順次ご回答を差し上げますので、お待ちくださいますようお願いいたします。

今回のVisaへのブランド統一、およびカード間の残高移動のサポートによって、将来的によりよいサービスをご提供してまいります。

今後とも変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

引用終わり。

要は、VISAのプラスチックカードを発行しておきなさいよということらしいです。発行側もかなり負担は大きそうですね。金融業界はよくこういうことがあるので、意外とコストがかかる業界ですね。

VISAカード発行手続き

さっそくカード発行の申請をしてみました。

アプリを起動します。「そこから+カードを注文」を選びます。

今回必要なのはプラスチックカードなので、「プラスチック」、そして通貨は「USD」を選択

今見直してみたら、Expediteでも無料だった!しまった!

・・・Standardを選んでしまいました。

お急ぎの方はExpediteを選ぶといいと思います。配送先は登録してある住所で良ければ「Use billing」を選べばOKです。

「Wirex」を選択すると

支払先口座を求められるので、ビットコイン口座を選んでおきます。今回は発行に手数料も何もかからないので、0円になってますね。

あとは到着を待つばかりだそうです。

まとめ

VISAのプラスチックカードが届いて、カード間の残高移動が完了すれば今回の作業は終了ですね。60日間、何もせずに放っておいても自動的に残高は移行されるようですが、普段から利用している方が作業をしておいたほうが良さそうです。

これからも快適な海外旅行を楽しめたらと思います。Wirexカードをお持ちのみなさんも手続きをお忘れなく。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Windows用のおすすめソフト