no-image

禁断のリンゴ

最近の人は不幸だ。

IT技術の発展により、情報の伝播速度は昔に比べると
グローバリゼーションの盛り上がりもその結果だろう。

元来、日本人は同調性を重視してきた。
「価値」とは他人とどう違うのか?が生み出すはずであるが
日本では他人とどれだけ一緒なのか、が求められたわけだ。

そして現代

情報の伝播速度の向上により、細やかな情報収集が可能となる。
世界は多様性に満ちあふれ、人々の選択肢は広がりを見せていく。
情報の多様性により、人々の幸せは約束されていたはずだった。

だが現実は違った

待っていたのは狂おしいまでの同調性
出る杭は打たれる状況の加速
マジョリティこそ正義という間違った民主主義の横行
気持ちいいはずだという先入観から無意味なSEXを繰り返す不感症の女

周りを気にし
周りに振り回され
周りに合わせることに
人生を消耗していく

バカバカしい

選択の自由は、ほとんどの人類には不自由しかもたらさない
「識りすぎる」ことは不幸の始まりだった。

それで人は追放されたのだから
神の創りし楽園から