散財と浪費の記録

13冊 【買いすぎ】


最近、西尾維新の化物語にはまってます。
登場人物の魅力はもとより
キャラクター同士の掛け合いがよだれの出るほど面白い
題材は怪奇譚と、一件使い古された、また奈須きのこブームで再燃したようなテーマでありながら
時代背景を現代に持ってきても全く色あせることのない、
むしろ情景が目の前に鮮やかに再現されるような文体が非常に魅力です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28