ダッタンそば かりんとうがおいしい

p1000269

お茶菓子に出てきたダッタンそば かりんとうですが、これがまたお茶に合うこと合うこと・・・。ポリポリポリポリとかじっているとあっという間に一袋を空にしてしまいました。

実はこのかりんとう、知り合いの知り合い(赤の他人w)が群馬県で作っているそうです。

そもそも、韃靼(だったん)そばってなんやろうという話ですよ。普通のそばとは違うんかい、と。

種子の成分は普通ソバとほとんど違いがみられないが、ルチン含有量はソバの約100倍で非常に多い。ルチンは、フラボノイドの一種であり、毛細血管強化作用を持ち、血圧低下に関係するとされる機能性成分である。
出展:wikipedia

ほうほう・・・中国は四川省、雲南省、東チベットの境界からネパールやチベット、中国南部、東北部までの広い地域で栽培されていたものなんですね。

日本国内では

北海道森町、当麻町、士別市、八雲町
長野県北信地方

あたりで栽培されているそうですね。

長野と北海道かぁ・・・

北海道といえば、最近何かと生キャラメルの名前を良く聞くようになりましたが、そんなことはさておき、かりんとうでお茶にしましょうかね。

¥420

– PutiRaku –