ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

WiMAX+3Gでさらにモバイルルーターにもなるau HTC EVO WiMAX ISW11HTを買わなかった理由

HTC EVO WiMAX クレードル充電器&予備バッテリー&車載ホルダー&ハードカバー&液晶保護シート8点セット

一週間auから借りてきたWiMAX搭載Android携帯HTC EVO WiMAX ISW11HT。

レンタル期間が過ぎたので返却してきました。結局MNPせずに2本のSoftbankをそのまま所有しています。

なぜ機種変しなかったのかは以下で。

通信速度

WiMAXの通信速度は不満のないものでした。さすがはWiMAX。エリアが狭いことだけが不満ですが、イーモバイルよりも広かったりもします。どうせうちじゃどっちも圏内ギリギリだし。

テザリング

テザリング機能を使うことで携帯だけじゃなくiPhoneやiPad、パソコンもネット接続ができるように。WiMAXの電波がなくともauの3G回線を使って通信ができるのはめちゃくちゃ便利だと思いました。

料金プラン

気になる料金プランを見てみましょう。

データ通信 5,460円 2,100~5,985円(W定額)
割引 △1,500
525円
315円 ISNET 945円
基本使用料 (プランによる)
本体機種代金 2,708円 一括ならば 68,250円

本体代金を含めるとすでに1万近く・・・

バッテリー

そしてバッテリー。実はこれが一番のネックでして・・・。

HTC EVO WiMAX ISW11HTは最初からバッテリーが2個付属しています。このことがすでに真実を物語っているのですが、このEVO、バッテリーがまるでもちません(笑)。

どれくらい持たないかというと、午前10時頃にコンセントから取り外して持ち歩いていると、何も使っていない状態で午後14時頃には電池残量46%になるくらいもちません。

おそらくこの状態だと午後17時を回る頃には10%を切っているんじゃないかと・・・。正直何も使っていない状態でこのバッテリー消費量はあんまりですよ。まともにテザリングを使ったりすると2縲鰀3時間でカラになってしまいそうです。

そう考えるとバッテリーの持たない携帯のために毎月1万円前後はちょっと大きすぎる出費です。

というわけで、HTC EVO WiMAX ISW11HTにしなかったのはバッテリーとコストパフォーマンスの兼ね合いからでした。WiMAX回線も使え、電波がないところでは3G回線を使ってのテザリングができるという端末は非常に便利です。もう少しバッテリーが持つようになったらいうことなしなんだけどな縲怐B

そう思うとソフトバンクのiPhoneは非常に安くて利便性も高いし、コストパフォーマンスいいですね。電波の弱さだけがネックですね。

次はイーモバイルのHTC Ariaが気になってます(^^)

10分以内の通話が月300回まで無料のプランが出たんですよね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Windows用のおすすめソフト