ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

薄さと軽さと美しさは格別!SIMフリースマートフォン FREETEL REI「麗」(レイ) は納得のいく出来!


Warning: tempnam(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/moemic/moemic.com/) in /home/moemic/moemic.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 416

Warning: unlink(): open_basedir restriction in effect. File() is not within the allowed path(s): (/home/moemic/moemic.com/) in /home/moemic/moemic.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 440

知り合いのおばあちゃんがスマホを欲しいというので見繕うことになりまして。gearbestで中華携帯のxiaomiなどを安く手に入れることも考えたのですが、何かあった時に対応してくれるのがいいなぁと思うと少し予算はオーバーしても日本の会社がいいと。その結果、候補に上がってきたのがFREETELなわけです。

FREETELと言えば、同じくFREETELのSAMURAI MIYABIが15,000円ほどで買うことができますね。今回のようなシチュエーションでは初心者向けにいいのかもしれません。でも実際使っている人から、アプリを切り替えた時にタイムラグがあったり、事実上はマルチタスクが難しくシングルタスク状態ということ耳にしました。

さすがに初心者向けとはいえ、初心者にこそスペックのいいものを用意した方がいいというのが持論です。そこで予算は1万円ほど上がりますが、3万円以内でキビキビと動くものをと考えたところ、FREETELにちょうどいいものがあるじゃないですか。

DSCF5822

実際には25,800円で購入。MIYABIからちょうど1万円アップの予算でした。

MIYABIの出来が決して悪いわけではなく、実売15,800円のスマホにして上出来だと思います。ただメインとして持つにはもう少し満足度のいくクオリティが欲しいかな。

その前提ではREIはいいですよ。ダイヤモンドエッジ加工のボディも高級感を感じさせてくれます。(iPhoneの真似?)

DSCF5823

じゃーん!ご対面。

今回購入した色はピンクゴールド。かわいい色ですね。

DSCF5829

上にはヘッドフォンプラグと・・・ノイズキャンセル用のサブマイクかな?

DSCF5828

背面から。

カメラ部分は微妙に出っ張ってます。

DSCF5827

スピーカー、マイクとUSBケーブル差込口。

縁の仕上がりがきれいですね。

DSCF5825

手にしっくり!

DSCF5826

iPhone 6s plusと比べたところ。5.2インチ液晶ですが、plusとは一回り小さく感じます。

plusはケース付きとはいえ、持ってみたところ重量が全然違いました・・・。iPhone重たすぎ。REIの136gが引き立ちますね〜。

DSCF5824

付属品は充電ケーブル、充電アダプタ、SIMピンと一般的な構成。

DSCF5830

取り出しにSIMピンが必要な点は、気軽にSIM交換できないのでちょっとマイナスポイントですね。

DSCF5832

SIMトレイを出してみると、デュアルスロットであることがわかります。

DSCF5833

DSCF5834

micro SIMとnano SIM、またはmicro SIMとmicro SDカードなどの組み合わせで使えるそうです。nano SIMとmicro SDカードを一緒に使うことは出来ないそう。

REIは内蔵メモリ32GBと一般的な使い方では困ることはないと思います。ですが容量アップの手段が残されているのは良いことですね。

デュアルスロットなので海外に持って行く時に、国内SIMと現地SIMを同時にセットできるのが便利ですね。SIMスロットは切り替えて使う仕様になっているので、国内で一緒に使うことはできないそう。

軽くまとめ

3万円以下で買えるスマホとしては、高級感のある外観は悪くないと思います。満足度も高いね。

普段はiPhoneユーザーなのでiPhoneと比較すると、重量の軽さが引き立ちます。

搭載しているメモリは2GB。アプリ切り替えの時にちょっと引っかかる時があったりします。ほとんど気になることはないですが、そのちょっとも気になる人はもっとハイスペックのスマホを買ったほうがいいのかも。初心者〜サブ的に使う人には充分でしょう。

ただCPU使用率が高くなると、本体背面上部がほんのり・・・いや、結構熱くなってきますね。これは他の人のレビューでも言われているようです。

全体的に、サブとしてスマホを探している人や、格安SIMで運用するために安い本体を探している、でも使いにくいのは嫌だという人にはピッタリの選択肢になりそうですね。

追加で買いました

で、もう一台追加で買ってしまいました(笑)

IMG_1651

今度は知り合いの人向けではなく、自分用です。サブとして。自宅に置いておく必要があって。海外に行けるときに持っていくために。

といろいろと名目を並べ立ててみたのですが、欲しくなって買いました(本音)。

IMG_1652

色をピンクゴールドにするのも芸がないと思い、自分用にはスカイブルーをチョイス。この色もなかなか悪くないです。

IMG_1653

いい感じの色。

と思ったら、カメラのモードを間違えてしまってレンズが光ってる。

IMG_1654

改めて撮り直し。

IMG_1655

電源を入れてみました。

ホームボタン(FREETELボタンと言うそうです)がこの本体の特徴で、軽くタップするとバックボタンになります。もちろん割当は変更可能。押すとホームに戻り、長押しするとGoogleNowが起動します。しかも指紋認証まで付いてるんですよ?認証の速度も遅くないし、使いようによってはいい働きをしてくれそうです。ちなみに指紋認証が背面についているモデルは多いですが、スマホをテーブルの上に置いている時には使いにくいので、個人的にはREIのように前面にあるモデルのほうが好きです。

IMG_1656

購入ついでにプラスチックケースも購入。

IMG_1657

ま、こんなもんで充分。

ストラップホールも付いているので、あとでお気に入りのストラップでも付けましょう。

ベンチマーク

こうなると具体的なCPU速度などを測りたくなるのが人の常ですね。Geekbench4で測ってみました。

Geekbench 4
Geekbench 4
Price: Free

結果

Screenshot_20160901-235357

シングルコアが600、マルチコアで2423という結果でした。

・・・比較対象がないとさっぱりわからん。

Screenshot_20160901-235534

シングルコアだとSamsung Galaxy S5に2割ほど劣る速度みたい。

Screenshot_20160901-235631

マルチコアだとむしろ断然速いですね!

確かに使っていても、速度的な不満は感じません。切り替えの時に引っかかるのはメモリ容量のせいですかね。

まとめ

価格だけみたら、もっとスペックの高い中華スマホを入手することもできますけれど、日本のメーカーで(FREETELが日本のメーカーかというと、そうではないですが・・・)買いたいという人には選択肢にピッタリでしょうね。

デザインも個人的には気に入ってます。何より軽い〜( ← 嬉しい)

メインはiPhoneを使い続けますが、サブとしてFREETEL REIは大ヒットでした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Windows用のおすすめソフト