ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

これで迷子にならない!Google+で位置共有ができるようになりましたね

最近Google+の依存度が高くなってきています。

メールからカレンダー、フォトにグループか・・・。googleにサービスを有料化されたら黙ってお金を出しちゃうレベルです。

待ち望んでいた位置共有サービス

その昔(そんなに昔ではない)、Google latitudeというサービスがありました。今はもうないんですけどね。

どんなサービスかというと「位置情報」をメンバーで共有するサービスです。

この機能、まずはAndroidアプリのGoogle+に搭載されていたのですが、最近ようやくiPhoneアプリでも使えるようになりました。

latitudeを廃止したのはGoogle+に統合するためだったんでしょうね。

Google+

無料
(2013.11.26時点)
posted with ポチレバ

日本人のGPSアレルギーは異常

GPSとか位置共有というとすぐに「危ない」とか「怖い」とか「危険」だとかいう反応が返ってきます。

でもメリットは大きいんですよ。

例えば仕事仲間同士で位置を共有しておけば、今誰がどのポイントにいるのか全て共有できます。資材を共有する必要がある仕事だと、手持ちがなくなったら会社に戻らなくとも近場の仲間に分けてもらえばいいわけです。

仕事が終わってプライベートになったら機能をオフにしておけばプライバシーは保たれます。

監視されているようから嫌だ、という意見もありますが、そんなあなたには言わせてください。

「仕事しろよ」

普通に仕事してたら、そんな発言は出てこないはずなんですけれど・・・。

たとえ本体のGPSを切っておこうとも、キャリアと契約している以上はアンテナから位置はほぼ正確にわかってしまうわけです。バレバレなわけです。

ならば前向きに自分のプラスになるように機能を使ったほうがメリットがあるんじゃないかと思うわけですよ。

グループで旅行に行く場合など、事前に設定しておけば全員がどこにいるのかがわかるので、迷子にならずに済みますね。

設定方法

IMG 0101

Google+アプリを立ち上げると、メニューに「場所」という項目が出てますね。

IMG 0092

タップして開こうとしたら、Google検索アプリが必要だと怒られてしまいました。

IMG 0093

Google検索アプリをインストールします。

後は再び「場所」 → 「設定」を選びます。

IMG 0103

この「現在地の共有」がオンになっていると、位置情報を共有できるのですね。

IMG 0104

スクロールしていくと共有相手を選択できます。

上の画像だと誰にも共有しない設定になっていますので、このままだと誰とも共有できないんです。

もちろん全世界に一般公開もされません。

IMG 0106

共有する場所も選ぶことができます。

「詳細な現在地」 → 正確な位置まで共有
「現在地の都市名まで」 → 大まかな場所だけ共有

ある程度は一般公開しておいても大丈夫という人は「現在の都市名まで」を選択しておくといいかもしれませんね。

IMG 0105

共有相手を選ぶ時はちょっと困惑しました。

これはgoogle+の「サークル」に慣れていないとピンときにくいかもしれませんね。自分で追加していなければ以下のものが表示されているはずです。

「一般公開」 → 全世界に配信されちゃいます。
「あなたのサークル」 → 自分がサークルに登録している全員に
「友だちの友だちサークル」 → その名の通り

その後はモザイクで伏せてしまいましたが、自分で作ったサークルを選択できます。

例えば旅行に行くメンバーだけでサークルを作ると、この画面で旅行サークルを選択できます。

そうすることで旅行サークルだけに位置情報を共有できるようになるわけです。

いずれにしても「詳細な現在地」を一般公開する猛者は少ないと思いますけれどね。

ちなみに僕は「友だちの友だちサークル」までに「現在地の都市名までを公開」しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Windows用のおすすめソフト