ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

HDDの突然死 ~そして基盤交換へ

ハードディスクが逝きました。
それはもう、唐突に。
突然に。
突発的に。

PC使用中に、ちょっと固まる事があったんですよ。
あれ?って

なんか、ひっかかった?って
軽く考えてたんです。

そしたら次の瞬間

開かない新規タブ
止まるマウスカーソル
動作しないエクスプローラ

点滅しつづけるHDDアクセスランプ

為す術もなく
はい、強制リセット!

そしたらもう、BIOS画面ですら認識しないハードディスクのできあがりですよ。
┐(´д`)┌ ヤレヤレ

HDDにのみ電源を繋いでみると
カッコン♪カッコン♪
とごきげんなノイズ。

以前から兆候があったならともかく、突然ですからね・・・。
何の対策も取ってませんでした。
でもやはり、なんとかしてデータは救い出したい。
と思うじゃありませんか。

しかしBIOS画面で認識しないという事は結構重傷です。
原因はハード面。
伝家の宝刀FINALDATAですら何の役にも立ちません。

mic の愛用はSeagate。
5年間の保証も付いて、RMAが効くのでトラブルがあっても安心です。
データはどうしようもないけどな・・・ orz

昔はトラブルの時、ハードディスクを温めたりww冷やしたりwwしたもんなんですけどね。
最近はもっと無茶なレスキュー方法があるんです。

それは、基盤交換。

原因がディスクモーターでもない場合は、
インターフェイスである基盤がショートしてたりして認識しないケースがあるそうです。
ものは試しです。
やってみましょう。

IMG_1100.jpg

これが件のハードディスク。
Barracuda 7200.10 320GB

このHDDに、他の稼働中HDDから基盤移植を試してみます。

IMG_1101.jpg

もう一台、同じHDDを用意しました。
注意点は、容量はもちろんのこと、同じファームウェアのHDDから移植する事、だそうです。
しかし調べていると、違うファームでもうまくいったという話もあったり・・・適当だなおい。

IMG_1103.jpg

ネ~ジネ~ジ

IMG_1105.jpg

移植完了!

って、ちょwww
基盤の形が違うwwww

よく調べてみると、移植元HDDとはDate Codeが一つずれていました。
コストダウンのために基盤変更したんでしょうか。

電源を入れてみると・・・

案の定、失敗。

IMG_1106.jpg

在庫を漁っていると、Date Codeも同じHDDを発見!
これだ!
基盤の形も一緒ですよ!

とまぁ、それはもうwktkしながらこのHDDの基盤を移植したんですがね・・・
やっぱ、無理でしたwwww

もう諦めムード一色です。
しゃーないよもう。
RMAで新品HDDに交換してくれる事が救いだと思っておきましょう。

最近は500GBのハードディスクも1万円でお釣りが来ますので
ドライブは早め早めの定期交換をお勧めします。

いや、まじで

FINALDATA Personal NT/2000
FINALDATA Personal NT/2000
AOSテクノロジーズ 2001-07-13
売り上げランキング : 24625

Amazonで詳しく見る by G-Tools

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Windows用のおすすめソフト