ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

北京のネットはやっぱり規制が厳しいです。

やはり実際脚を運んでみると、話で聞いていることと違って感じたり、話し通りであることを再確認してショックを受けたり、いわゆるカルチャーショックを受けることも多々あります。

北京に行って感じたのは・・・

北京のネット事情

話には聞いていました。

  • twitterダメ
  • Facebookダメ
  • YouTubeダメ
  • 日本のサイトも基本的にダメ(繋がるところもある)
  • Google.comも基本的にダメ(Googleリーダーは繋がった)

という情報検閲。

じゃあどうやって旅行中にTwitter投稿していたのかというと、Instagramという写真投稿SNSサービス経由でTwitter投稿するという方法を使っていました。

Instagramへは規制がかかっていなかったため、そのあとはInstagram → Twitterサーバへの自動処理になるので規制を回避できたというわけです。

デカルチャー・・・

せっかく現地SIMを手に入れて常時ネットに接続できるとなっても、こうも規制が多ければやることがありません。今までそんなに使っていなかったと感じていたfacebookなんかも、実際に接続できなくなるとこれまでの依存度がわかりますね。

情報を素早くアップするのに困りました。

中国の人たちはどこのサイトを使っているんでしょう・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Windows用のおすすめソフト