ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

キーウォーカー Keywalker口コミ解析

googleが台頭してきてからというもの
Webの世界は大きく変わりました。

それまでは、インターネットによって発言はしやすくなったものの
閲覧者がその情報までたどり着けなかったわけです。
物言う人たちは爆発的に増えたのに、その言葉が届きにくかった。
それをgoogleは検索エンジンという技術を用いて解決に導きました。

で、今ここ

Web2.0なんて言葉もそろそろ使い古されてきた2006年ももう12月
これからのWebはどう進化していくのでしょうね

キーウォーカーという会社をご存じ?
この会社が3月20日から、新しいブログ検索サイトを立ち上げるそうです。
今はβ版で動いてる見たいです。

簡単に言うと
ブログに書かれた映画や書籍、音楽などの感想を解析して、要点を抽出し、グラフ化する技術「Keywalker口コミ解析」を用いた情報整理技術、だそうです。

例えば「家族で見て感動できる映画」といった文章で検索すると、「家族」に対しては「ファミリー」、「感動」に対しては「泣く」「感激」といった同義の言葉で記載されたブログも検索可能となり、知りたい情報に対して柔軟な結果が得ることができるとしている。

これだよこれ
情報は各地に散乱しているのは事実。
2chにもあれば、kakaku.comででも商品の情報を拾っては来れますが、情報があちこちにあると結論にたどり着くまでに時間がかかる。
あっちの情報ではこうだった、でもこっちの情報ではああだった、というふうに。
まぁ、だからこそまとめサイトなるものも存続できるわけですけど。

Keywalker口コミ解析は、ブログ記事にある作品の感想を抽出し、口コミ情報としてわかりやすく表示する技術。「笑える」「癒される」などの感情別レーダーチャートのほか、作品の具体的な評価から舞台設定、ポイント、重要な場面や台詞までを表示する。

口コミ解析では、キーウォーカーが開発した日本語自然文意味検索・解析エンジンを応用し、商品名の前後にある単語などから書き手の感想や評価を抽出する。

見れば見るほど、ものすごい技術のような気がしてきましたww

これって考古学的な考え方よね。
「パン」の文字の側には「水」があるはず、という。
人工知能解析技術が発達していくと、未来のSEO対策は

重要キーワードをたくさん書いておく

というやり方から

綺麗な構文の日本語で書く

というふうに変わっていくのかと思うと

「日本語の乱れ」という言葉も死語になる時代が来るのかなぁ…なんて

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Windows用のおすすめソフト