ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

Amazonギフト券を使った詐欺!ギフト券が勝手に発行されて、知らない誰かが受け取るという事案が発生

事の発端

は差出人Amazonから2通のギフト券発行のお知らせが届いたこと。

スクリーンショット_2016_05_24_22_47

Amazonではギフト券という形で、金券をほかの人にプレゼントできるんですね。そしてギフト券が受け取られた時点で登録してあるクレジットカードから決済される、そんなシステムになっているようです。

そのAmazonギフト券が自分から誰か他の人に贈られたという確認メールが届きました。発行されたギフト券の金額は3000円、10000円、3000円の三種類。

もちろん自分では購入した記憶もないし、すぐに受け取りがあったら銀行から引き落としの連絡が来るはず(Amazonに登録してあるクレジットカードは銀行のデビットカードです)。しかし受け取りの連絡もないということで、このメール自体が偽物だろう、スパムメールだろうと疑いました。

念のため注文履歴を見ても、ギフト券を発行した履歴がないんですね。履歴がないので、届いたメールはいたずらだろうと判断してしまいました。このことが実は勘違いだった(見ているページが違っていた)ことが発覚するのですが、それは一ヶ月後にサポートに連絡してからわかったことです。

ひと月後、急展開

そうして記憶も薄れ一月ほどたった後、事態は大きく動き始めました。

「Amazonギフト券が開封されました」

あれ・・・またAmazonからメールだ。

スクリーンショット_2016_05_24_23_11

これだけだったら、まだスパムメールだと疑ったところですが、続いて決定的なメール通知が届きます。

それは銀行からの決済報告メール。これはAmazon関係ないからな・・・!

そして銀行残高を確認しに行ったら・・・

減ってる!

・・・確かに減ってる!

この時点で以前抱いた疑惑が、疑惑ではなく本物だったんだと認識させられます。

この流れはやばい!

更なる追い打ち

今回決済されたギフト券は発行金額1万円のギフト券でした。銀行口座からは確かに1万円減額しています。

あー、これは参ったな・・・

そう思っていると、次にとんでもないメールが届きました。

スクリーンショット_2016_05_24_23_12

引き続きギフト券が発行されたお知らせです!これはスパムではない!繰り返す!これはスパムではない!正式なAmazonからのメールだったわけです。

次なるギフト券は20000円、10000円、20000円。

前回の3000円、10000円、3000円とは異なり、取れると確信したからか値段を上げてやってきます。

今回は間髪入れず受け取りが来ました。

注文履歴 2

受け取り完了のメール通知です。

そして間髪入れず口座から20000円の引き落とし!銀行からは20000円の引き落とし連絡のメール通知が来ました。

これ犯人スタンバってるよ・・・このままでは有り金全部持っていかれる。

この時の焦り、わかってもらえますか?なすすべもなく口座から一方的に奪われていく恐怖感。

対策1 パスワードの変更

まずはこれ以上勝手にギフト券が発行されることのないよう、Amazonのパスワード変更しました。

おそらく何処かからAmazonで使っているメールアドレスとパスワードが漏れたんでしょう。購買履歴からギフト券の発行履歴がなかったことが疑問ですが、勝手にギフト券が発行されている事実がある以上、これ以上勝手なことをされるのは困ります。

対策2 Amazonへの問い合わせ

あとは今回の件を補償してもらえないか、Amazonに問い合わせです。

最近は問い合わせ先、特に電話番号を載せていない会社が多いので、連絡先がわかるかどうか不明でしたが、Amazonの問い合わせ先は意外と簡単に発見しました。電話番号だったことも嬉しいですね。メールだと対応に時間差が発生しますし、何しろこちらは緊急事態です。

ぐぐったらすぐに出てきました。やったね。

Amazonカスタマーサービスへの連絡先

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/contact-us?

上記サイトからサポート内容を申し込み、電話でサポートを受けました。

担当者の方は丁寧に状況を聞いてくださり、上司と対応を相談すると対応してくださいました。

そしてやはり、ひと月前のギフト券発行については申し込みがあったようです。存在にも気付いていませんでしたが、「キャンセルされた注文」という欄に確かにありました。

注文履歴

3000円と10000円のギフト券が2件。これに気付いていたら、もっと早めの対応を取れたかもしれません、が、今となっては過ぎた話です。

結果

直前の20000円のギフト券についてはクレジットカード会社を通じて返金してくれる事になりました。返金処理には数日かかるとのこと。

スクリーンショット_2016_05_24_23_14

ただ発行がひと月前の10000円については保障できないということです。

・・・これは連絡が遅かったこちらの手落ちもあるので、了承しました。

すぐに対応してもらうことができるのでトラブルに巻き込まれた時はすぐに動いたほうがいいということですね。

いずれにしても、パスワードは定期的に変更したほうが安全そうです。Amazonではショッピングのみならず、プライム会員でもあるのでたくさんの付随サービスを受けることができるので、メールアドレス・パスワードの管理はこれまで以上に神経質になっておいたほうが良さそうです。

ワンクリックで購入など、便利さとセキュリティは相反する部分がありますからね・・・。

ひとまず今回の一件はこのような形で幕を閉じることになりました。この後、ギフト券が勝手に発行されるような事態は起こっていません。

みんなも気をつけてね〜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Windows用のおすすめソフト