ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

気付いたらいつのまにかボロボロ・・・キヤノンのアキレス腱のカメラストラップに三角環をつけました

キヤノンのカメラは構造的にストラップが痛みやすい

フルサイズボディにLレンズのような重量レンズを付けていると、カメラを首から下げた時、どうしてもレンズが下を向いちゃうんですね。

そうするとボディのストラップ部分に無理がかかってしまって、結果的にこうなります。

IMG_9067

徐々にストラップが削れていって・・・、もうそろそろ切れちゃいそう!

IMG_9068

ほら!やばー

IMG_9069

首の皮一つ、って感じです。

対策は・・・

この症状を回避するために、おそらく多くの人が試しているのが「三角環」というパーツですよ。三角リングとも言うみたいです。

IMG_9071

Nikonやオリンパス、その他のメーカーでは純正で採用しているメーカーも多いのですが、なぜかキヤノンは頑なに採用していないんですよね。

どうしてなんでしょ。

ストラップは消耗品と割り切ってくれということなんでしょうか。ま、そう思ってますけれどね。

購入した

というわけで、上記パーツ類をアマゾンで購入。

やっぱりアマゾンさんやで。

三角環はエツミのアマゾン限定モデルです。左右2個の3個セット。ストラップはかわいく赤のチェックをチョイスしてみました。

取り付け

IMG_9070

これでようやく不安を覚えながら使っていたストラップから解放されます。

IMG_9071

これが今回の新兵器、三角環でしょ。

IMG_9072

金属の三角環でボディを傷つけないように、保護してくれるリングカバー。

IMG_9073

新品ストラップ。

IMG_9074

さて、これから取り付けてみます。

IMG_9075

まずは左肩から。

古いストラップを取り外してみると、これまでの擦れや汗や雨などで傷んでしまったのか、少々錆び付いてしまってました。あーあ・・・。

IMG_9076

リングカバーを挟み込みながら、三角環を取り付けました。

この後ストラップを取り付けて、左肩は完了!

続いて右肩。

IMG_9077

ところが右肩の三角間の取り付けでトラブル発生。

ボディ側を見てもらうとわかると思いますが、取り付け部分がボディ側に収まってるんですね。そのため三角環が取り付けにくくて取り付けにくくて・・・

で、諦めました(笑)

取り付けるときにボディに傷つけてもアレですしね。

もともと右肩はストラップへのダメージも少なかったし、大丈夫でしょう!?

IMG_9078

できたーーーッ!

ドヤーーーー!

ストラップがかわいい〜!

まとめ

まだ使い込んでないので、最終的な効果は言えませんけれど、少なくとも痛みやすかった左肩のストラップへの負担は減らせそうです。

ボディ部分が錆びてしまうのも悲しいですからね。

三角環の6個セット(3組セット)を買っておいて、一つしか使っていないので残り5つもありますし、三角環が錆びてしまっても交換部品は余力がありますよ!

その前にボディを買い換えることになりそうですけれど。

ひとまずこれで一安心。皆さんも楽しいカメラライフをお過ごしください。

今回買ったもの

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Windows用のおすすめソフト