ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

これで万全!CANON EOS 6Dにバッテリーグリップ装着! BG-E13 レビュー

実は縦グリップ派です。

と言うのもですね、ポートレートとか人がメインなので、縦で撮ることが多いですよ。

縦グリップをつけると

  • グリップが安定する
  • 水平がきちんと出る

というメリットがあるため、最近ではすっかりバッテリーグリップなしでは戦えなくなりました。

あとはバッテリーグリップでバッテリーを2個搭載できるようになると稼働時間が長くなるのもポイントですね。

とはいえ、1回の撮影でバッテリー1つをカラにすることもほとんどなかったりしますけど。

大容量に油断して充電し忘れ、電池切れになることもあったりして。

さて早速開けてみましょうか~

IMG_7004

IMG_7006

IMG_7007

ポーチ?

IMG_7008

取り出して早速感じた違和感は・・・

IMG_7009

これだ。

バッテリー入れの形が1D系みたいな形になってる。

IMG_7010

横から入れるのかぁ・・・

かっこいいけれど、人混みの中とかでバッテリーを交換したいときなどは戸惑いそう。

IMG_7011

単三電池も使えます。あくまで非常用ですよね。

さてさて

IMG_7012

本体と同じ操作感を実現してくれます。

IMG_7013

シャッターボタン周り。

キヤノン純正を選ぶ理由はフィーリングなのですよ。社外互換品では実現できないフィーリングの良さ!

でもちょっと本体とフィーリングが異なるような・・・

ま、取り付けましょうか。

本体が待ってます。

IMG_7014

カバーは要らないので外しましょう。

IMG_7015

40Dや5D mark2と違って取り外しがわかりやすく、外しやすくなってましたね。

IMG_7016

外したカバーはバッテリーグリップに取り付けておけます。なくさないので安心ですね。

IMG_7017

なかなか収まりがいいです。

IMG_7018

取り付け完了!

IMG_7019

縦位置はこうなります。

IMG_7020

縦位置はこう!

IMG_7021

バッテリーをバッテリーケースに収めるときはちょっと面倒そうですね。

IMG_7022

左右でバッテリーのデザインが異なるのは、片方が互換バッテリーだからです(笑)

この組み合わせでは使いたくないなぁ。

欠点

重量が重くなること、これにつきますね・・・。

ただ縦での撮りやすさやバッテリーの持ちを考えるとメリットを補って余りあると思います。

さてこれで準備は全て完了しました。あとは撮って撮って撮りまくるだけですよ~。

ワクワクしてきた!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Windows用のおすすめソフト