ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

HDDの交換が終わったと思ったら、またシステムドライブのSSDが壊れた・・・もうヤダ

私の年収 低すぎ 風の無料写真素材をリリースしました |susi paku ブログ

せっかくHDDを750GBのものに置き換えて、Dropbox用の容量も増えたし、これで一安心と思いきや・・・

突然動作が止まってしまい、再起動するはめに。

その後、システムファイルが破損のため、起動できませんとの無機質なメッセージ。

そうです、以前の

うわ・・・、私のMac 壊れすぎ・・・!? | 行く年来る年逝ってよし(原点)<br>

http://moemic.com/2012/05/%e3%81%86%e3%82%8f%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%80%81%e7%a7%81%e3%81%aemac-%e5%a3%8a%e3%82%8c%e3%81%99%e3%81%8e%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%81%ef%bc%9f/

この症状と同じです。

でも今回はもっと深刻。以前はOSが起動したけど、今回は起動すらしません。ファイルシステムが完全に壊れちゃってるみたいです。

どうやらこれまで使っていたSSDによくある(?)トラブルのようです。

前壊れたのもおそらく同じ原因だったんですね・・・。

本当に「私のMac、壊れすぎ・・・!?」

て感じで困ってしまいます。

しかも今回は次の日用にプレゼン資料を作らねばならず、資料作成からプレゼン当日までMacが無くてはならない存在。

さすがにセカンドマシンとしてMacBookAirの購入を真剣に考えてしまいました。

13inchの256GBでも8万5千程であるんですね。(物欲60%)

これは安いです。(物欲80%)

・・・いけない。Airを買ったら、絶対MBP持ち歩かなくなる。

ポチろうとしている人差し指を抑えつつ、MacBookAirではなく修理の方向に舵を切りました。

一番簡単なバックアップ方法

ひとまず手持ちのHDDにOSの環境ごと移してしまいましょう。

こういう作業はMacは楽ですよ。Windowsだと大変。

いろいろ試したけれど、下記の手順が一番楽です。

何も考えなくていいです。

手順は

  1. SSDとHDDの物理的交換
  2. 一旦OSをインストール
  3. 外したSSDを外付けにして「移行アシスタント」でまるごとコピー

で終わっちゃいます。

その前に試した面倒な方法

何事もやってみないとわからないもんですからね。

これまでは結構面倒な手順を踏んでいました。

  1. 「ディスクユーティリティ」でシステムドライブのイメージバックアップ
  2. 物理的交換
  3. 「ディスクユーティリティ」で復元

今思うとなんでこんな面倒なことやってんただろうって感じです。

これだとイメージ保管用にもう一つHDDが必要になるんですよ。

ついでにバックアップも取れるでしょって言われれば、まぁ、そんなもんなんですけど。

こうしてSSDは取り外され、再び初期装備のHDDに入れ替わったのでした。

奇しくも交換したHDDはもともとMacを買った時についていたものっていう。

不良と思われるSSDをお店に持って行ってみる

お店では一旦SSDを預かってテストしてくれることになりました。

帰ってくるまでHDDで過ごさなきゃいけないのね。(;´д`)トホホ…

と落胆しつつ、ふとハードディスクコーナーを覗いてると

(゜д゜)<あらやだ!

最近のSSDってお安いのね!

16,000円ほどで256GBが買えちゃうのね!

(´ε`;)ウーン…

DSCF4309

買っちゃった(´Д`)

軽く悩む素振りを見せつつ、右手にSSDを握りしめてレジに向かう自分がおりました。

またHDDをSSDと入れ替え作業

購入したのはADATAのSX900 256GBです。

DSCF4310

セット内容はなかなか充実していて、3.5インチベイに搭載するためのスペーサーまでついてきました。

DSCF4312

256GBもあったら、デスクトップユースでも十分活用できますね。

DSCF4314

今日交換作業を終えたばかりのHDD。

物理的な交換作業よりもデータのコピーに時間がかかるんですよ。

DSCF4316

トルクスドライバーがなければHDDの交換は捗りません。

そんなにお世話になるはずのドライバーじゃないんですけどね(‘A`)

DSCF4317

はい、サクッと交換終了。

最後に蓋をして作業完了です。

結果!

Untitled

速ーーーーーーーーーーい!\(^o^)/

普段の使用時にはこのランダム性能の違いが効いてきますね!

体感で3倍以上速度が違ってきます。

SSD、超おススメですよ。

もし交換に不安があるようであれば代行してあげてもいいくらい。

価格も落ちてきたのでやっぱり256GBでしょ!

ちなみに同じADATAから出ているSP900シリーズとの違いはマルチメディアファイルの転送速度の違いだそうです。

実売価格1,000円ほどの違いなので、SXシリーズのほうがおすすめ。

SSD → HDD → SSD

結果的に今回はわずか1日で、SSDからハードディスクに、ハードディスクから再びSSDにと戻ってくることになりました。

同じ作業を何度もしてると精神的に疲れてきますね(‘A`)

でもやっぱSSDは速いわ。快適すぎ。

面倒な作業を繰り返す羽目になっても、SSDの体感速度に一度慣れてしまったらHDDには戻れませんね。

手持ちのパソコンすべてをSSDにしたくなりました。

年収低すぎの素材は下記サイトより拝借しました。ありがとうございます。

http://www.susi-paku.com/pakupost-124.html
私の年収、低すぎ・・・?風の無料写真素材をリリースしました。|susi-paku ブログ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Windows用のおすすめソフト