ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

さっそくMacBookProにMountain Lion入れてみたけど、新しいOSを入れるときには互換性に気をつけよう

NewImage

10月25日

Macの待望の新OS、Mountain LionがAppStoreからダウンロード販売が開始されました。

もちろん勢い勇んで早速インストールです。

ところが・・・

Dropbox

購入ボタンは押せたものの、なかなかダウンロードが開始されません!

おそらくたくさんの人々のリクエストのため、サーバが混雑しているんでしょうね。

早くきてー!

1時間経過

OS X インストール

ようやく来たぁぁぁぁ!

10分毎くらいにAppStoreの購入ボタンをプチプチやっていると、ようやくダウンロードが開始されました。

OS X インストール 1

すかさず「続ける」

30分ちょっとでインストールが完了しました。

この Mac について

ほら、ちゃんと10.8になってる。

ところが、インストールが終わってみると

OSが変わる時ってやっぱり互換性に気を使うものです。

32bitのXPから、64bitのWindows7に変更するときもそうでした。

でも意外と動くものなのよね。

互換性のないソフトウェア

なーんて高をくくってた時期がありました。

今でもそうでした!

Mountain Lionが立ち上がってみると、動作に互換性のないアプリケーションはご丁寧にも「互換性のないソフトウェア」というフォルダに移動されてました。

Com apple IncompatibleAppDispla 1

VMwareはBootCampがあるし、SugarSyncはあんまり使わないから、別にいいんだけどねっ(強がり)

いいんだけどねー!(強がり)

OSをアップデートするときには、互換性には気をつけて実行しましょうね。(教訓)

でもSugarSyncは動いた

セキュリティとプライバシー

なんとしてでも動かしてやろうと不屈の精神でもってテストしてやろうと、フォルダに移されていたSugarSyncをアプリケーションフォルダに戻してやり、

「セキュリティとプライバシー」から「すべてのアプリケーションを許可」

にチェックを入れた状態でSugarSyncをダブルクリックすると・・・

SugarSyncファイル マネージャ

動きました\(^o^)/

ひとまずSugarSyncはMountain Lionで動作するようです。

やったね!

でもVMwareはやっぱ動きませんでした。

Mountain Lionの新機能

こうしてMountain Lionはインストールできたものの、さて、今回のOSではいったい何が新しくなったのでしょう。

Mountain Lionからの新機能について解説した動画があったので貼っておきますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Windows用のおすすめソフト