ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

容量不足のMacBookProにどうせだからSSDを搭載してみた

最近SSDが取り沙汰されることが多いですね。

ちょうど気がついたらHDDの容量残り10GBを切っている状態で使っていて、MacBookProの動作がひどく緩慢です。

大容量のHDDのに載せ替えることも考えたんですが、せっかくなのでSSDにしてみようと思いました。

さらに使用頻度の低いDVDドライブを取り払って、SSD+HDDのデュアルドライブ構成にしようかと。

スピードと容量のハイブリッド構成です。たぎる。

というわけで今回用意したのOCZ Technology Petrol 128GB(PTL1-25SAT3-128G) 。

1万ほどで買えるSATA3.0対応の中では抜群のコストパフォーマンスを誇る商品です。

ここが最安でした。

DSCF3988 DSCF3990 DSCF3991

普通であれば

  1. TimeMachineを使ってバックアップ
  2. SSDに換装
  3. 新OSをインストール
  4. 旧HDDをUSB接続してTimeMachineを使って復元

という手順が適当だと思います。

ですがOSの再インストールの時間がもったいないので、ディスクをそのまま丸ごとクローンコピーしてしまう方法を選択しました。

ディスクまるごとコピーするには

Carbon Copy Cloner – Home
を使います。

320GBのHDDから128GBのSSDにコピーするのに、CCC(Carbon Copy Cloner)ではコピーするフォルダを選べたので、サイズの異なるディスクのコピーにも対応できました。

ひとまずバックアップはとっておきましょう。進めた手順は

  1. TimeMachineでフルバックアップ
  2. SSDをフォーマット
  3. HDDをSSDにコピー(この時に移すものを選別しておく)
  4. Mac本体のHDDをSSDと換装
  5. HDDをマウンタに取り付けDVDドライブと換装
  6. HDDからSSDにシンボリックリンクを貼る

とこんな感じで進めていきます。

まず最初に

  • SSDの容量は128GB
  • HDDの容量は320GB

必要なファイルのみを残して、使用頻度の低いファイルはHDDに残しておきたい所。まずはDisk InventoryXを使って不要なフォルダの洗い出しです。

Disk Inventory X
このソフトはフォルダやファイルの容量を図で出してくれるので、視覚的に判断するのに便利ですよ。

320GBのうちBOOTCAMP領域で70GBほど使っているので、残り250GB程を半分にまでダイエットしなくてはいけませんね。

Boot CampはHDDに残しておいて、そこからの起動で構いません。

  • Dropboxフォルダ    55GB

これはHDDでもいいかも。速度より容量重視。

  • 書類    5.6GB
  • ピクチャ    13GB
  • ムービー    1.4GB
  • ミュージック    1.9GB
  • ダウンロード

このへんは全部HDDに残す方向で。あとでHDDからSSDへシンボリックリンクを作っておきましょう。

<下準備>

ファイルの移動

windows vista x64 edition を外付けHDDに一時退避

<HDDをSSDに移す>

CCCを使ってHDD全体をコピーします。

やり方は

Mac OS X での再インストールの準備とバックアップについて
 あたりを参照してみてください。

ありがとう。助かりました。

SSDをUSB接続すると、フォーマットされていないと警告が出ました。Macで使えるようにフォーマット。

Carbon Copy Clonerを使ってのHDDからSSDにコピーは65GBほどでしたけど2時間半以上かかりました・・・。

データの移行は一旦終了です。

さて、次のエントリーからハードウェアの作業を開始します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Windows用のおすすめソフト