ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

ブッシュからオイル漏れで困った。ブレーキングの要、テンションロッドをピロテンションロッドに交換しました

冬の間は寒さのため車をいじる気になれず、夏になればなったで暑さのためいじる気にならない。

そりゃいじる時期が限られるってもんです。

そろそろ車検も近いため、そうも言ってられず、下回りをチェックのため久しぶりに車をリフトアップしてみると・・・

DSCF4262

漏れてる漏れてる!

これは・・・テンションロッドブッシュからオイル漏れだーーっ!

テンションロッドはブレーキングの時にボディとタイヤの間の突っ張り棒みたいなもの。このブッシュでボディ全体の重量を支えているわけですから、劣化してくると当然、このようにオイル漏れします。

要交換です。

そこで考えました。

どうせメンテナンスするなら、性能が変わったほうが嬉しいよね!

スクリーンショット_022315_121526_AM

 

というわけで、ついでなので社外品のピロテンションロッドに交換することにしました。

S14/S15/R33/R34用のピロテンションロッド(ラバーブーツ付き)を購入。

お値段8,000円ほど。不安になるほど安いです。

テンションロッドをピロ化することで何がいいかというと

  • ブレーキングが安定する
  • キャスター角が調整できるようになる

ゴムブッシュ部分がなくなるのでブレーキング時にフロントタイヤが安定するようになります。

そういえば昔ヴィヴィオに乗っていた時に、高速でのブレーキング時にフロントタイヤがバタついていたような感触がありましたけど、きっと原因はテンションロッドですね。

そしてターンバックル調整式なので、キャスター角の調整が可能になりました。

といっても調整しませんけどね(^^)

不満がないのであれば、標準のままです。

交換作業

DSCF4257

これはクスコのテンションロッドバー

昔取り付けたパーツでした。こんなのもつけてましたね、そういえば。

テンションロッドの根本同士を繋ぐことで剛性を上げる効果があります。

S15になるとテンションロッドブラケットも最初から補強されていたので、S13の時ほど効果は感じませんでした。

・・・っていうか、このせいで負担がゴムブッシュに集中することになったんじゃ?

もしそうだとすると効果は「あった」って証明にもなるんですけどね。

DSCF4258

錆びてるなぁ・・・

DSCF4259

ひとまずテンションロッドバーを外しにかかります。

DSCF4261

ここ6年くらいつけっぱになっていたので、固着してめちゃくちゃ固くなってしまっていました。

ネジの固着で再起不能です。外しました。

DSCF4263

そしてお待ちかね。

これが今回取り付けるピロテンションだよ。

ブルーのボディがかっこいいね!

ターンバックル式なので、車両に取り付けたまま微調整が可能です。

そして写真には写ってた取り付けネジが、無いね!

DSCF4263

計4本あるはずなんだけどね。

商品が届いた時、箱が少し歪んでたから、きっとその隙間から落ちたんだね

・・・(´・ω・`)

DSCF4264

安心のゴム付き。

冬の凍結防止剤対策もばっちりさ。

DSCF4266

外した純正テンションロッド。

DSCF4268

めっちゃオイル漏れてる。

DSCF4279

両方共。

DSCF4269

単体で見ると純正テンションロッドは貧相に見えるけど、そんなこともないんですよ。

ていうか、純正は避けのために途中で曲がってるんですが、ピロさん、曲がってなくていいの?

取り付け前に適当に長さをあわせておきましょう。

DSCF4280

さて、準備ができました。

でも取り付けボルトがありません。どうしよう。

まぁ、そんな時は純正流用ですよね。

DSCF4270

油圧プレスで抜き取ります。

DSCF4273

このとおり!

なかなか個人で油圧プレス持ってる人はいないと思います。

これプレスなかったら作業できなかったよ・・・。

DSCF4274

ボルトが穴に入りきりません。

そんな時も安心!

DSCF4277

油圧プレスで無理やり押し込みます (´Д`)

DSCF4278

コマのあて方を失敗してネジの先端を潰しちゃいました。

グラインダーで修正。

DSCF4281

車両に取り付けたあとは、長さを調整します。

基本、純正と同じ長さになるように調整しておきました。

アライメント狂っちゃいますからね。

完成

DSCF4284

おー。かっこいい。

DSCF4291

ステアリングを目一杯切ってみましたが、どうやら接触することはなさそう。良かった。

ついでの作業、シャシーブラック

DSCF4299

DSCF4300

せっかくジャッキアップしたので、こういう機会に下回りにシャシーブラックを噴いておくといいですね。

こういうこまめな対応が積もり積もって後々大きな差になってくるものなんです。

それよりも溝の減ったタイヤをどうにかしろってツッコミを入れたくなりました。

以上、ピロテンションロッド取り付けレポートでしたー。

効果のほどは・・・

街乗りレベルだとブレーキングの時に差は感じません。そんなもんですね。

でも80〜100km/h付近からのブレーキングでは明らかに剛性感が違います。今までブレーキングの時にゴムがたわんでたんでしょうねぇ。

ピロにするとうるさくなるって言いますけど、これ本当でした(笑)

ピロであってもゴムであっても、テンションロッドは消耗品ですから、消耗品と割り切るとニスモの強化ゴムテンションロッドでいいのかなとも思います。

ゴムからピロにした分だけ、サスペンションの上下運動の妨げにはならなくなったので、サスの動きは少しは良くなってる・・・と信じたいですね。

ピロも消耗品ですから、いずれガタが来ます。その時に再びピロにするか、ニスモの強化品にするかは今はまだ分かりかねるところです。

久しぶりに寝転がって作業したら首が筋肉痛になりました。イテテ

後のレビュー(2012/10/01追記)

しばらく走りこんでみて、明らかに変わったところに気づきました。

特にブレーキング時。

信号で止まるときなど、カックンブレーキを避けるために車速が落ちた停止直前にブレーキをスッと抜きますよね。

その時の「遊び」が明らかに減りました。

実にダイレクトです。

これまでは車重を支えて縮んでいたブッシュが伸びる挙動も入っていたので、それを自然と計算に入れてブレーキの踏力を抜いていたんでしょうね。

ピロテンションロッドに変えてから、その遊びが全くなくなってしまったため、停車時のブレーキ踏力がシビアになりました。

今のブレーキパッドとの相性もあるんだと思います。

今のパッドは踏み始めからすぐに効くタイプなので、次にパッドを選ぶときには初期あたりが柔らかめのものを選んでみようと思います。

後のレビュー(2013/12/08 追記)

ブレーキングの感覚については以前書いたとおりですが、今回はステアリングの感触について書きたいと思います。

変化を感じたのはターンインの時~コーナリングの最中、これまでは「グニャ」とした感触があったのが実にカッチリしたフィーリングになりました。

「ダイレクト」という表現は間違っていません。

次に交換するときもピロにしたいな、と思いましたね。

関連記事

コメント

    • zまる
    • 2015年 11月 25日

    初めまして。 安くて良さそうなテンションロッドはないかと色々検索していたらこちらを見つけまして、えっ¥8000??とあまりの安さに驚き販売店を探したところ本当にあった!確かにこの値段では不安を感じますがブーツも付いているし魅力的なこの低価格!ニスモの強化ブッシュを入れたいと思っていたけどあれは圧入の工賃がかかってしまう。個人でプレス持っているなんて羨ましいですね。そこで問題はこの商品の寿命、この記事は3年前なのでガタが出るまで何キロくらいもったかだけでもお聞きしたいです。よろしくお願いします!

    • はじめまして。
      このピロテンションは、ブーツ付きであることを考えると安く感じましたね。移送中に落ちたんでしょうけれども、ボルト・ナットも付いているので、取り付けもボルトオンで行けたのではないかと思います。
      最終的には2万キロ前後走ったのではないでしょうか。ピロとしては頼りない結果に終わってしまいました。選ぶのであれば大径ピロや日本製のボールを使っているピロを選んだほうが、長い目で見ると安上がりだと思います。安全に関わるパーツなので、じっくりとお選びくださいね。

    • zまる
    • 2015年 11月 25日

    早速の回答ありがとうございます
    確かにテンションロッドが「ポキッ」といくと対抗車線に飛び出すってことも考えられますものね、良く考えてみます
    わたしも大抵の整備は駐車場でしますがミッションを下す気には中々なりませんw
    これを機会にブログを読ませていただきます
    夜分失礼しました

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Windows用のおすすめソフト