ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

ヴィヴィオにカヤバ New SR

10万キロ走行ヴィヴィオ君のクタクタ純正サスペンションが
あまりにもふがいない頼りないので
リフレッシュを図ることになりました。

名付けて「ヴィヴィオサスペンションリフレッシュプロジェクト」

センスなくてホントすみません。

さて
肝心のパーツ選びです。
ここは慎重に行きたいところですよね。
車両本体は既に15年経過。
おそらくこれが最初で最後の足回りリフレッシュになります。
後悔なんてしたくない!

でも大丈夫。

後悔するほど選択肢がありませんwwwww

値段を抑えたいときにはやはり純正形状
となると、もうこれしかない
カヤバ NEW SR

そしてバネは…
ヤフオクで見つけたダウンサス

メーカー不明ww
ダウン量:約35~40mm
F:2.6kg/mm R:2.2kg/mm

なんとお値段8,450円(送料込み)

ぶっちゃけリアのバネレートは純正よりも低いです。
乗り心地重視で逝こう。
Special thanks to jingos2002

みんなもjingos2002さんから、バンバン買ってあげなさいっ
でないと、死刑だから。

ヴィヴィオ カヤバ NEW SRもヤフオクでゲット
送料込み41,700円と…
ぶっちゃけNEW SRのみの値段だったらシルビアのNEW SRより高いんですけど
そこは!
ヴィヴィオは四輪独立懸架で四輪ストラットだからコストがかさむんでしょう。
仕方ない。
そう、仕方ないと納得させた。

取り付け課程はパスね。
そんなのググってみればイヤほど見つかるから。
わざわざそんなページづくりに労力費やしたくありません。
勝手に調べておくれやす。
ただ、交換したってことを自慢したいだけなんだいっ。

交換前の車高
untitledこれが純正車高
これはこれでバランスいいんですよ?
見た目の問題だけで。

untitledげんこつ一つ余裕で飲み込みそうなクリアランス

untitledフロントの車高が高くて涙が出そうです。

そ・し・てぇ…

じゃーん

untitledこれが35~40mmダウンの効果だ!

untitled指3本くらいのクリアランス

untitledヴィヴィオはこれ以上下げると逆に下品になる気がします。
これくらいがちょうどよいよいよい…(エコー)

見た目はこれでよくなったけど
じゃあ、肝心の走行性能はというと・・・!

 

うむ、よいではないですか!

ぶっちゃけ純正ダンパーは手で押せるくらいに抜け抜けで、手で押した後、戻ってこないほど抜け抜けでしたwww

これまでコーナーでは外側に振り放されるくらいの恐怖感を味わっていましたが、今はきちっと減衰が効いてます(当たり前)。
直線でもちょっとした段差であればパタンパタンと収束してくれます。

●ヽ(´・д・`)ノ● ウワーィ!

サーキット走行ではおそらく役不足になるでしょうけれども、街乗り~峠程度であればこれで充分楽しめるのではないでしょうか。

これで15万キロまで乗りつぶせますよ!ヽ(´∀`)ノ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Windows用のおすすめソフト