ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

マフラーのフランジから排気漏れ!長年使っているとフランジもゆがんでくるから修正が必要になってくるのね・・・

マフラーの古いガスケットを交換したところ、フランジが歪んでしまっていたから新しいガスケットが合わずに、排気漏れもひどいしマフラーの音もうるさいしで大変だったという話。

事の発端

DSCF5463

は、先日行ったサイドブレーキワイヤー交換。

DSCF5464

この作業の時にマフラーの中間パイプを外す必要があって、その時にガスケットが経年劣化で崩れ落ちちゃったんです。それも両端とも。

ガスケット無しで組み上げて、オートバックスまで走りましたね。えぇ。閉店間際のオートバックスに駆け込んで、ガスケットを2枚購入。家に戻ってからすぐにガスケットを交換してめでたしめでたし・・・のはずだったんです。

次の日にエンジンを掛けてみると、ひどい排気漏れの音が。あ、うん。これ、直ってない。

で、もう一度車を持ち上げて下回りを潜りこんでみたら

DSCF5465

これですよ。

隙間がくぱぁ・・・と開いちゃってます。

これはもうガスケットの厚みでカバーできる限界を超えてます。こんな時はアレですね。フランジを削って面のツラを出すしかありません。ちょっとした作業が必要ですね。

あー、めんど(笑)

修正作業

DSCF5468

改めて見てみると、こりゃひどい歪み具合ですな。

そりゃ漏れるわけだ・・・。

DSCF5469

ガスケットもよく見ると、変な当たり方してるでしょ?

フランジのボルトの辺りが強く凹んでるっていうのが、まずおかしい。本来はパイプの部分を押し付けないといけないのに。

DSCF5470

さて、今回はテールエンドを取り外して作業します。

テールエンドも中間パイプも、どっちも削る気まんまんです。

DSCF5471

長年の相棒、ディスクグラインダー。5000円。

DSCF5472

そいつでフランジを磨く磨く・・・。

パイプ周辺はきれいにする程度で、ボルト周辺を集中的に削ります。

これをテールエンドと中間パイプと両方共磨きます。

DSCF5474

うむ・・・。面が出てる!

DSCF5475

今回、中間パイプ側は車両に取り付けたままで作業。取り外すの面倒だしね~。

触媒側のフランジは問題なかったので、こちら側だけを削りました。

DSCF5478

どや!

どやどや!?

これならピッタリとくっつきそう。

DSCF5480

あとはガスケットを挟んで、ボルトで留めておしまい!

ま、かる~い修正作業ですよ。このくらいであれば!

まとめ

長年走っていると、熱と振動でフランジも歪んでくるもんなんですね。外側に歪んでいるならまだしも、内側に歪んでいるともうパイプとパイプの隙間がどうしようもなくなりますね。

今回の修正はグラインダーを持っていると簡単にできます。回転モノなので、間違って指をスッパリ逝ってしまわないように気をつけて作業してください。作業自体は削って磨いて戻すだけの単純作業なんですけれど、ちょっと危険度高いです。

豚革の手袋なんて使ってたら安心して作業できますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Windows用のおすすめソフト