ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

よくあるトラブル!?窓ガラスが上がらなくなったS15シルビアのウィンドウレギュレーターモーターを交換

IMG_7370

状況

初年度登録より10年以上。

走行距離、15万キロ以上。

そのくらいになってくると電装系にもトラブルが出てきますね〜。

例えば、窓ガラスが下がった(全開)のまま、上がらないとか。

たはー・・・。これはキツイ。

スイッチの通電を調べてみると電気は来ていたので、原因はウィンドウレギュレーターモーターと判明。よくあるトラブルだそうです。

S15は2ドアクーペでドアの面積も広いため、ガラスも大きくて重いらしいです。モーターにも負荷がかかっているんでしょうね。

作業開始

レギュレーターモーターを調べてみたところ、新品だと部品だけで3万円もするんですね・・・!それは高すぎ、困った。

というわけで中古部品を手配することに。5000円でした。ただし10万キロオーバーの車両から取り外したものらしいので、交換したとしてもまた動かなくなるまでのサドンデスか・・・

DSCF5277

しかし天気は夏真っ盛り。

DSCF5279

 

太陽も絶好調ですよ。

DSCF5280

なので、日除けを作ることにしました。

まさかタープテントがこんなところで役に立とうとは(笑)

日陰ができたところで作業開始です。

まず、ドアの内張りを剥がしていきます。

DSCF5282

 

ドアの内張りをはがすと、ビニールが見えます。これも作業性向上のために剥がしておきましょう。

ブチルテープは内装に付くと面倒なことになります。注意。

DSCF5284

 

テントのお陰で作業性抜群ですよ。

DSCF5283-21

ネジを10個ほど外したらドアガラスは外せるんですが、その前にピンクと緑の箇所は位置をマーキングしておいたほうが無難です。

オレンジの部分は固定しているだけなのでノーマーキングでオッケーです。

DSCF5287

 

緑の箇所はこんな感じ。

DSCF5285

 

左右で高さが合っていたら問題無いと思います。

DSCF5286

 

ボルトを緩める前に、保護のためにドアの内側、ガラスの下にタオル等を挟んでおきましょう。

ピンク部分のボルトを緩めると、ドアとガラスの間に隙間ができます。

DSCF5290

そこからレギュレーターがガラスを傷つけないように、ダンボール等を挟んでおくと安心です。

DSCF5288

ガラスを固定しているボルトを外していきます。

こっちは楽にアクセスできるんですけれど、もう一つ

DSCF5291

右側はガラスが下に落ちきっていると、アクセスしにくいので少しガラスを持ち上げました。そんなに難しい作業ではないと思います。

DSCF5292

 

レギュレーターを取り外しました!

ボルトを全部はずして、フリーになったガラスを上に持ち上げてからレギュレーターを取り出すと、楽に取り出せると思います。

DSCF5293

新しいレギュレーターを組み込みました。

DSCF5294

せっかくなので、レールなどは徹底的にグリスアップしておきます。この辺りのフリクションがモーターの負荷となっている可能性もありますからね。

DSCF5295

レギュレーターを全て固定してしまったら、もう一度ビニールを元に戻します。

DSCF5296

内装を戻して、作業完了!

作業的には5段階評価では3くらいといったところ。そんなに大変な作業ではないと思います。

後片付け

DSCF5298

タープテントは片付けてしまいましょうね。

DSCF5299

一人で片付けられるというけれど、やっぱり複数人でやったほうが早そうです。

あとがき

今回のトラブル、モーターの焼き付きが原因だったようですね。うんともすんとも言わなくなってしまっていました。

モーターが壊れるのは仕方がないと思うんですが、窓が全開のまま動かなくなるのはちょっと勘弁です。ちょうど最近、小雨がぱらつく天気が続いていたんです。青空駐車場で窓を閉められない状況は、ちょっとしびれるわぁ・・・。

そろそろ新品部品の値段も上がってきて、さらに中古パーツも入手し辛くなってきてます。今のうちにサブパーツを確保しておきたいところですな〜・・・。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Windows用のおすすめソフト