ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

こりゃ危ない!S15 タイロッドエンドのボールジョイントのガタツキがひどい!

それは突然襲ってきたステアリングのブレ。

60km付近で走行していると、ステアリングがブルブルと震え出すんです。

ホイールバランスが狂っていると、特定の速度域で振動が出たりしますよね。それ以上でもそれ以下の時でも出ないのに、特定の速度域のみで出るんです。

症状

前から80km前後でステアリングが震えるな〜とは思っていたんですよ。

原因はおそらくホイールバランスが狂ってるからだろう、と。結構タイヤも使い込んでいるし、そのせいだろうと思っていたわけです。

それにしては60km付近から振動が出るというのは・・・おかしい。

そういえばしばらく前から、段差を超えると衝撃がやたら大きかったような気もします。

決定的なのは、ステアリングをクイッと左右に揺するとブレが収まる点。

そしてまたしばらくすると

ブルブル ブルブル ブルブル ブルブル・・・

と震えだすんです。

同じ速度域にもかかわらず、出る時と出ない時があるっておかしいでしょ〜!

いずれにしてもこれはもうホイールバランスが取れていないとか、そんな次元の話ではない、なにかもっと大きな異変が起きている気がしてなりません。

点検

隣の市まで走って行くのも怖かったので、すぐに引き返しタイヤを揺すってチェックしてみたところ・・・

何これガッタガタじゃないですかーーーーーっ!

おかしいおかしい。

これは絶対におかしい。

手で揺すった程度でここまでブレるなんておかしすぎる。

よくあるハブベアリングのガタではなさそうだし。

そもそもハブベアリングは交換したばかりで、ここまでガタが出てたら走行ノイズがものすごいことになりそう。

ジャッキアップして目視点検

持ち上げて足回りを見てみたところ、原因はあっさりと判明。

・・・タイロッドエンドかぁ〜。

http://moemic.com/2012/08/%e7%b5%90%e6%a7%8b%e5%bc%95%e3%81%a3%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%82%8a%e6%b0%97%e5%91%b3%e3%81%aa%e9%83%a8%e5%93%81%e3%80%81%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%96/
結構引っかかり気味な部品、タイロッドエンドブーツの割れには要注意! | 行く年来る年逝ってよし(原点)

2年前、前回の車検の時にタイロッドエンドを交換してますね。

ヤフオクで買ったアーム角度調整機能付きの社外品を付けてたんです。

以前と同じくヤフオクで社外品を購入しようかと迷いましたが、ガタが出るのが早かったこと、ボールジョイントに破損があったら走行不能になることから純正で修理することにしました。

日産部品販売に行って買ってきましたよ。

部品ナンバー

日産部販納品書から
ロケーション 部品名称 出荷部品番号 出荷数 単価 金額
1A08-A2B ソケットアッシー 48520-50Y25 2 4880 9760

消費税込みで10,541円

交換作業

DSCF4885

こいつが件のタイロッドエンドですよ。

今回の元凶!

まぁ足回りの中でもタイロッドエンドの交換は楽な方(テーパーが楽に抜けたら)。

割りピンを取って、19mmのメガネでナットをゆるめて(取らないこと)

DSCF4886

こうやってギアプーラーを噛ませて・・・

あ、でも専用工具が1000円位で買えるのね。

1つあったほうが楽かも。

・・・あれ?これは違うのかな。

こっちか

Straightの物のほうが評価が高いですね。

2000円位のものならあったほうが作業性は良さそうです。

そんなの頻繁に交換するものでもないとは思いますけどね!

DSCF4887

たっぷりCRCを吹いておいたので無事取れました。

DSCF4889

で、上が純正。下が問題の社外品。

ピロボールの精度や耐久性もさることながら、ナット部分の長さが違うので、純正以上に負荷がかかってそう。

壊れやすいのも致し方なさそうですね〜。

DSCF4890

純正部品には新しいナットと割りピンもついてきます。

DSCF4891

ナットを締めて、割りピンを割って作業は終了。

交換作業自体は難しいものではありませんね。足回りの作業の中ではかなり簡単な方ではないかと思います。特に高トルクで締め付けられてることもないし、アクセスしにくいわけでもないし。必要な工具も少ないし。

ただ、タイロッドエンドが固着していると外すときに手こずることも。

それも事前にCRCをたっぷり吹いておけば難しいこともないでしょう。

それよりも面倒なのは交換したあと。

DSCF4893

トーが狂ってしまっているので調整が必要です。

僕は簡易アライメントゲージを持っているのでトー調整も自分でできますが、持ってなかったら目視じゃ無理ですもんね。

アライメントゲージ、プライベーターには必須のアイテムではないかと。

んで、笑い話ね。

あんまり笑えないけど。

交換した社外品のタイロッドエンドを、どれくらいガタが出てるものかな〜といじってみたら・・・

わかりやすいくらいのガタが出てる!!!

ヤダ怖い!

高速道路走行中にスッポ抜けたりしなくて本当に良かった・・・!

感想

消費税が8%になって、部品価格が上がってませんか・・・?

気のせいですか?

それはともかく、以前交換した社外品があんまり保たなかったな〜というのが感想ですね。

いくらアームの角度が矯正されるとはいえ、ガタが出るようでは安心して使うことができません。

やっぱり純正か〜。

修理が終わって走りだしてみたら、フロントのシッカリ感が違いますね!

段差を超えてもフロントサスがしっかりと仕事をしているという感じ。ピタリと振動が収まります。

これまで段差を超えるのが少し億劫だったのは、タイロッドエンドのボールジョイントにガタがあったからだったんですね。

ちょっとした不具合が原因で車の操作にストレスを感じたりということもあるので、おかしいと思ったら原因をきちんと突き止めたほうが安心ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Windows用のおすすめソフト