ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

台風で折れてしまったS15シルビアのドアバイザーを付け直し

先日の台風の時に、

知り合いの車のドアバイザーが強風で取れてしまったらしく、古い車だから仕方がないですよね〜と笑っていたら、駐車場に転がっている一本のプラスチックの板。

これは・・・ドアバイザー!

IMG 0918

古い車は自分の方でしたーーっ!

IMG 0919

両面テープが外れただけなら付け直せばいいんですが、残念ながらバッキバキに割れてます。

ま、もともと割れてから、台風でとどめを刺されたって感じですね。

ドアバイザー(右)の新品を購入して交換

DSCF4663

さて、交換といきましょうか。

まずは古いドアバイザーと両面テープを綺麗に剥がすところから。

DSCF4664

プラスチックは経年劣化でぱきっと割れます。そら強風で折れるわけですわ。

DSCF4665

両面テープも剥がしましょう。そうしましょう。

DSCF4666

ブレーキクリーナーでノリを全部取って、ドアバイザーに付属していた3M製のプライマーで磨きます。

ピッカピカでしょ?

DSCF4667

新品のドアバイザー

DSCF4668

最初に台紙を全部はがしてしまわずに、あとで引っ張れるだけめくっておくのがポイント。

位置決めをしてから、ドアバイザーを車に押し付けながら台紙を引き抜いていくと位置がずれずに貼れるんです。

DSCF4669

その後、ドライヤーで温めて密着させました。

DSCF4670

ふー

ようやく見慣れたいつもの姿に戻りました。

タバコを吸うわけでもないので、ドアバイザーは必要ないといえばないのですが、やっぱり雨天時に窓を少し下げられないというのは困る時があるのです。

それにしても片側1万円したドアバイザーですけれど、まぁ、車種専用なので仕方がないとはいえ、ちょっとお値段高すぎな感じのパーツ交換でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Windows用のおすすめソフト