ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

iPhoneケースをナウいアルミバンパーにしてみました BLADE Premium metal case for iPhone4

ボクはどちらかと言うとiPhoneケースに関しては純正リスペクトな感じで、これまでずっと純正のバンパーを愛用していました。背面が開いているので気になる人は嫌みたいですね。

リスペクトな理由は

  • 手触りがいい
  • ボタンの押し心地が良い
  • 画面と段差ができるため、落としても地面に触れない

というためです。結構ボタンの押し心地は重要なところで、これはひとえにダミーボタンのなせる技ですね。

DSCF3860

まぁところがこれまで使っていた純正バンパーも、本体を落としまくってボロボロになっちゃいまして。角はザラザラだし、イヤフォンジャック部分のゴムは伸びちゃってるし。

で、心機一転今度は硬派な?カスタム路線を目指してみました。

買ったのはこいつです。じゃん。

DSCF3862

BLADE Premium metal case for iPhone4

アルミバンパーなため、装着にはそれなりの工具が必要になります。

DSCF3863

裏面のフレームを外すための精密ドライバー

DSCF3864

まずはこいつで

DSCF3865

裏のフレームを外します。

というか、付属のネジ多すぎ。少ないよりはいいです。

DSCF3866

メインフレームの裏側に傷防止のためのクッションシートを貼っていきます。指定されていたのは1つずつでしたが、ケチケチせずに2つずつ貼ってみました。

DSCF3867

せっかくなので表面の保護シートも変えちゃいましょうかね。

DSCF3868

iPhone本体をはめる前にシルバーのダミーボタンを入れていきます。

このダミーボタンのお陰で、ボタンを押した時のダイレクトな操作感が保証されます。気分良く使うためにここ、結構大事です。このケースを選ぶときの基準でした。

DSCF3870

本体を入れて

DSCF3874

裏のフレームをネジ止めして挟み込みます。

DSCF3876

こんな感じにネジ止めしたら完成。

DSCF3871

フレームにはSIMカード取り出し用のスリットが開いてます。ケースを外すことなくキャリア移行ができるというわけですね。もっとも日本じゃそんなケースはほとんどないでしょうけれど・・・

ストラップホールも開いてるので、お気に入りのストラップを付けられますね。ボクはストラップ付けない派。

DSCF3875

完成。こんなんになりました。

外観

DSCF3877

音量ボタン

マナーボタンの位置が違うiPhone4Sにも対応してます。

DSCF3878

ブランドロゴ入り

DSCF3880

ヘッドフォンジャック

DSCF3881

画面との段差はこんな感じ

個人的にはもう少しバンパーが張り出していてくれたほうが、画面保護のためには安心できるんですけれど・・・。

DSCF3883

余った部品はキチンと取っておきましょうね。

使用感

DSCF3884

やっぱり気になるのは周辺機器がちゃんと使えるかどうかです。

ご覧のとおり、充電ケーブルは端子部分がサイズギリギリでした。

純正バンパーでもサードパーティ製の充電ケーブルも使えませんでした。純正バンパーであればいざというときは外して接続するという手が残されていたんですが、BLADE Premium metal case for iPhone4ではおいそれと外すことができません。

周辺機器を純正外で固めている人は手を出しにくいケースかも知れませんね。

P.S.

ヘッドフォンも純正サイズでなければ入りませんでした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Windows用のおすすめソフト