ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

結局Evernoteを有料化してしまいました


Warning: tempnam(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/moemic/moemic.com/) in /home/moemic/moemic.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 416

Warning: unlink(): open_basedir restriction in effect. File() is not within the allowed path(s): (/home/moemic/moemic.com/) in /home/moemic/moemic.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 440

##Dropboxに引き続き、Evernoteも有料化へ・・・

データや情報をクラウドサービスとして共有、同期できるサービスは多数ありますが、そのなかでもDropboxとEvernoteは非常にお気に入りのサービスでした。

そもそも最初にiPhone 3Gを購入したのはEvernoteを使いたいがためにですからね。

そうして使い込んでいくと徐々に使い方が乱暴といいますか、熟練されてきまして。

突っ込む情報量が多くなったっていう意味なんですけれどね(笑)

その一環として最近しばらく、Googleリーダーで閲覧して気になった情報を自動でEvernoteに保存したいと思って色々と試行錯誤していたんですが、その流れがようやく固まりました。

Googleリーダー(まるごとRSS経由で全文化して登録)

☆をつける

Yahoo!Pipes(タイトル整形)

blogtrottr(RSSをメールで自動配信)

Evernote

という形に収まりました。

この結果、Evernoteに流入するデータ量が爆発的に増える結果になりました(‘A`)

ちなみにEvernoteでは月間転送量が60MBまでフリープラン、それ以上は有料プランになります。有料プランでは月間転送量が1GB(^ω^)

多すぎだろ

とても月間60MBで足りるわけもなく、あえなく有料化へ・・・。Paypalが使えて便利でしたね縲怐B

Evernoteプレミアムの特典:
– あなたの月間アップロード許容量は1GBに引き上げられました
– 一つのノートのサイズ上限は、50MBになりました
– 以前のバージョンのノートにもアクセスできます
– あらゆるフォーマットのファイルをノートに添付できます
– Android、iPhone、iPad、そしてiPodをお使いなら、オフラインでもノートブックにアクセスできます
– スキャンされたPDFファイルも検索可能です
– Evernoteに送られた画像は全て、画像認識サーバーが優先的に処理します
– プレミアムサポートをご利用いただけます

これで転送量に関しては問題は解消されました。とりあえず一年程運用してみますか・・・

あと心配されるのはテキストノート数だけですね。

おおよその残り容量テキストノート:520,000

Web クリップ:6,900

携帯電話の写真: 10,000

音声:1,000

高解像度の写真: 280

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Windows用のおすすめソフト