ヲタ社長の独り言「他人になんといわれようとまったく意に介すことなく常に無駄なことに労力と資金を散財しムダなことって面白いよね?」

そんなのどっちかなんて決まるわけないじゃない!iPad AirとiPad mini Retinaが欲しくて悩ましい

http://www.apple.com/jp/ipad/
アップル – iPad

iPad AirとiPad mini Retinaが欲しいのです。

mini Retinaは発売が送れるという(年内発売は無理)噂を物ともせずに11月上旬に発売されましたね。

初めはmini持ってるから、Airだけでいいも〜んなんて思っていたわけですが、いざmini Retinaを眺めてみると、やっぱりminiも欲しい!となってしまうわけですよ。

そこでAppleのサイトを眺めながら、物欲を抑えようとあれこれと頭を整理してみました。

・iPad Airが欲しい理由

iPadは2しか持ってなく、性能的な限界を感じていた

iOS7にしたらもう、遅くて使い物にならんのです。

仕事ではiPadがないとプレゼンができない

一人相手に話をする場合はminiのサイズでもいいんですが、4人相手くらいになってくるとA4サイズはないと困ります。

ボディ形状がminiと共通になり、重量が500gを切って軽い。

これまでも絶対的に重いわけではなかったんですが、一度Airを持ってしまうと、もう・・・

戻れません。

・iPad mini Retinaが欲しい理由

Retinaの解像度が欲しい

気にならない、気にならないと自分に言い聞かせてminiを使ってきましたが、見ちゃったらもうおしまいですわ。

触っちゃったらもう、ほぼ確定ですわ・・・

パーソナルユースではこのサイズがジャストフィット

ちょっとしたWebの閲覧から、メールチェック。Feedのチェックまで、片手で持って使いやすいサイズです。

iMovieで動画の編集だってできちゃいます。

動作がもっさりしてるので性能に限界を感じている

ベースがiPad2なので、そろそろ限界ですね。

ぶっちゃけ遅いです。

プロジェクターに繋いで使う分においてはmini Retinaでも戦える

プレゼンの進行には手持ちのiPhoneでKeynote Remoteを使いますから、Airであろうとmini Retinaであろうと置きっぱなしです。

Keynote Remote

無料
(2013.11.17時点)
posted with ポチレバ

※Keynote Remoteを使わずとも、Keynote単体でRemoteと同じようにスライドをコントロールできるようになりました。(2014年)

次は欲しくない理由

・Airが欲しくない理由

ボディバッグに入らない

500gと軽いんですけどね。

持ち歩けないと結局使用頻度が落ちる。

miniを持っていると、意外とminiの方が利用頻度が高い。仕事用であったとしても。

持ち歩いていないと使用頻度が低くなりますよね。

・mini Retinaが欲しくない理由

miniを持っている

まだ1年も経ってないっていうのに。

miniの利点である重量が増え、Airとの差が詰まってしまった

とはいえ23gほどしか増えてないんですけど。

iPadを買い換えたい

mini Retinaも一緒に買うのはきっついな〜

次はWi-Fi版か、Cellular版かを考えてみました。

・Cellular版が欲しい理由

すぐにネットに繋がる

やっぱりすぐにネットに繋がるのは便利。ますます活躍の場が増えそうです。

海外ではSIMフリー

海外に行った時に海外SIMを入れてルーター代わりに使える(これが一番重要)。

Cellular版は海外ではSIMフリーなんですね(今までは)。だから今のシリーズも海外SIMフリーであれば、海外に行った時に便利に使えるわけです。

Bluetoothをオンにしたままカバンの中に放り込んでおいて、10時間使えるルーター代わりになるというのはとてつもない魅力です。

そう考えるとmini RetinaはCellular版で持っておくと色々捗りそう。

また、国内キャリアだと月7GBの転送制限があったりしますからね。プランによっては2GBまでとか。国内でルーター代わりに使おうとすると、利便性が落ちる気がします。

従量制プランで転送量にビクビクしながら使うのも精神衛生上よろしくないですね。

追記

ルーター代わりに使いたいというアイディアでしたが、テザリングの使い勝手には難が残るみたいです。接続の速度ではWi-FiよりもBluetoothの方が認識が速いため、Bluetooth接続で考えていました。

ところがBluetoothではiPhone → iPadだと自動的に接続してくれるものの、iPad → iPhoneは毎回設定画面を開かないといけないそうです。

それは使い勝手が悪いですね。

・Wi-Fi版で充分な理由

毎月の使用料

毎月使用料がかかるのはちょっといやです。割引を適用しないプランだと6000円近くかかりますからね〜。

それで無制限に使えるルーターだったらまだ可愛げがあるものの、7GBまでの制限まで備えちゃってるんだから。

Cellular版は本体代が高い

でもGPSが付いているっていうメリットも。

基本的に家でしか使わない

特にiPad Air。プレゼンに使うKeynoteなどは事前にファイルを開いておけば問題ありませんからね。

第一Keynote Remoteを使う場合は無線LAN環境下にあることのほうが多いです。

まとめ

一通り書き出してみると、頭の中がスッキリしてくるものですね。

こうして考えてみると、ベストはmini Retinaの32GBをCellular版で個人利用だけで運用し、Airの16GBをWi-Fi版で仕事にだけ使うって使い方なんでしょうかね。

Airは仕事にしか使わないから16GBで充分。大丈夫・・・大丈夫・・・大丈夫・・・

この組み合わせでも総額10万円以上をAppleさんに上納しなくてはならないのが唯一の悩みですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Windows用のおすすめソフト